自分の毛髪を移植する

自分の毛髪

自毛植毛とはその名の通り、自分の毛髪を植毛する技術です。男性ホルモンによる影響を受けにくい後頭部から自分の毛髪を採取して、その毛を薄毛の部分に移植します。なので人工毛で増毛を図るものやかつらのような不自然さや違和感がなく自然な仕上がりになるのが特徴です。毛包組織そのものを移植するので移植した髪は95%という高い生着率でそのまま生え変わり続けます。FUE(メスを使用しない植毛法)とFUSS(メスを使用する植毛法)と呼ばれる2つの植毛法があります。

メスを使用する自毛植毛

メスを使う

FUSS法とはメスを使用する自毛植毛の手法になります。後頭部から皮膚を毛髪ごと薄く切り取り、植毛として株分けし、薄毛部分に移植する方法です。熟練した医師の技術で株として切り分け、薄毛の部分に植毛していくのです。メスと聞くと少しどきっとしますが、麻酔をかけて手術を行うので痛みを感じることはありません。
ただ、後頭部に10㎝~30㎝ほどの傷が出来るので術後しばらくは違和感を感じるかもしれません。それも医師に伝えれば痛み止めをもらえるので安心して手術に挑むことができます。

メスを使用しない自毛植毛

オッケー

メスを使用しないFUE法は、直接一つひとつ吸引採取する手術法です。メスを使わず極細のパンチで採取する手術法なので、痛みが少なく後頭部の傷も目立たず術後も自然な後姿のままです。個人差はありますが、大量の植毛も可能になる手術方法です。手術にかかる時間も他の手術法よりも早く終えることが出来ます。1回で移植できる株数も他の手術法より多く、密度も超高密度となります。筆者もこの手術を受けましたが、痛みも少なく手術の時間も早く終わり、密度の高いふさふさの髪にしてもらえ、大変満足のいく仕上がりになりました。