自毛植毛が人気の理由
自分の毛髪を移植するからずっと生え続ける

自毛植毛とは自分の毛髪を採取して薄毛の部分に移植する手術法です。後頭部は比較的男性ホルモンの影響が少ないので、そこから毛法細胞を採取して移植するので、手術後は自然な生え変わりで抜けることはありますが、また生え変わり続けるのです。植えた毛髪はずっと生え続ける。それは、今までずっと悩み続けていた薄毛と言うストレスから解放される瞬間でもあります。

95%以上の高い生着率

自分の髪を採取して薄毛の部分に移植すると言ってもその後抜けてしまうんじゃないか?という疑問が起こると思います。でも大丈夫です。なんと自毛植毛の手術は95%以上の高い生着率を誇ります。自分の髪の毛ではない人工の髪を移植し、維持する為に何度もお金を掛けるのはもったいないです。高いかつらを買って不自然かどうか心配するのもストレスです。自毛植毛でそんな悩みとはさよならしましょう。

自分の毛包細胞なので拒絶反応もない

自毛植毛は自分の毛包細胞なので拒絶反応は起こしません。人工毛ですと拒絶反応が起こる場合があり、日本皮膚科学会でも薄毛治療としては行うべきではないと注意喚起されているほどです。拒絶反応が起こると、皮膚がただれたり炎症や化膿を起こしたりしてしまいます。人工毛ですとその後のメンテナンスでもお金がさらに掛ってしまいます。自毛植毛はとても安心な手術法ということが分かると思います。

1度手術をしてしまえばメンテナス不要

自毛植毛のいい所は、手術後はもうそこに今までずっと生えていたかのように自然にしていられるところです。今まで人の目が自分の頭に行くことが多かったのですが今はきちんと目を見て話してもらえます。誰から見ても自然なのです。自然に抜けて、自然に生え変わります。メンテナンスはきちんとシャンプーをすることくらいです。それは今までしていたことと一緒です。手術だけしてしまえば、これから先頭髪のことで悩むことはなくなるのです。